JP/EN

sugako

sugako

should I stay or should I go 部屋でくつろいでいたら、ふと壁に穴が空きもくもくと虎の門になった。何処までも続いてそうな一本道。行くべきか行かざるべきか。何か決断しなければいけない時、果てしなく続く道をただひたすら歩いていたいと思って描いた絵です。 should I stay or should I go
虎の料理人 自分の理想の部屋とアメリカ西海岸にありそうなヤシの木と電柱がある長い道路が同次元に。想像しただけで楽しくなれる余裕が持ちたくて。 虎の料理人
草原の虎 虎は神秘的で美しい。崇高の念を抱いて描きました。 草原の虎

sugakosugako

平面を中心に制作しています。
自分が見たい風景やそこで暮らしたいと思うような部屋を描いています。その部屋は何処か異次元に繋がっているかの様な仕掛けが描かれています。自分の部屋という安全な場所と未知の世界が隣り合わせになっていることは、世の中の人々に共通する心理現象ではないかと思います。
絵の構成を考える事とどう生きるかを考える事は同じで、より良く生きる為に思考を平面に現出しています。
数十年個展等の活動は出来ていません。
公募展に出品を続けています。
入選止まりですが自分の思いを形にしたく日々絵を描き続けています。

  • 1981愛知県生まれ
  • 2002名古屋総合デザイン専門学校卒業
  • 〈グループ展〉
  • 2002インディペンデントCASO展 海岸通りギャラリー(大阪)
  • 2003「絵画の証」展 海岸通りギャラリー(大阪)
  • 〈個展〉
  • 2002「ピンク色の灰色」展 ギャラリーNu(名古屋)
  • 2005「NUDE」展 ギャラリー射手(京都)
  • 〈公募展〉
  • 2014第10回世界絵画大賞展 入選
  • 2018第14回世界絵画大賞展 入選
  • 2019渋谷芸術祭 次点入選
  • 2020第16回世界絵画大賞展 入選
  • 2020in the room展 ウィンザー&ニュートン賞 受賞
  • 2021越後湯沢全国児童画展 入選


URL:https://www.instagram.com/sugachanbo/

ROOM 2530