JP/EN

alan

alan

To go back and forth(行ったり来たり) 『近年ITが発達し情報を得る媒体が変化している。現在、テレビや雑誌が幅を効かせていた時代からSNSやYouTubeと行った新しいメディアが主流になる端境期にある。
好奇心の赴くまま1ページずつ捲っていくドキドキ感、知識を得る充実感、雑誌には魅力が沢山ある。
しかし、インターネットで情報を得ることが用意になったが故に雑誌は廃れてきてしまっているのが現状。
インターネットが幅を利かせる時代に衰退していく紙媒体の素晴らしさをアートに昇華し後世に伝えることはできないかと模索している。
そもそも、雑誌というもは心血注ぎ作ったものが一瞬で消費され、1週間、1ヶ月後には集めた情報は古くなっており見向きもされないことが多い。
ひたすら今を追い求めて1冊の雑誌を繰り返し作り上げていることがアート行為に思えてくる。
それら熱い想いで作られたものを、分解しキャンバス上で再構築しメディムで閉じ込めることで、社会情勢、ムーブメントなと当時の空気感を後世に繋げたいと想い製作をしている。』

雑誌の重ね貼りと乱雑なラクガキをメディムで閉じ込めることで当時の社会情勢やムーブメントなどの空気感を表現している。
この作品は貼り付けられたアイテムが2021年に引き戻すキーとなっている注射器が作品中に貼り付けられていることによって、私たちが直面しているパンデミックやドラック問題を表現している。
注射器は医療現場で使われるものではなくニセモノが貼り付けられている所がポイントである。
情報が溢れるがために、テレビニュースで流れている内容、ネットで得る情報が交差し、フェイクニュースや陰謀論などがあたかも真実かのように思えてきてしまう。
短時間で本質を見抜くことが極めて困難である。
真実だとしても、どこか嘘に思えてくる現実、真実とされついる事に対しての疑念を抱いてくる人間心理を作品全体に投影している。
To go back and forth(行ったり来たり)
ROOTS ※作品1の『』内の共通した内容を踏まえて

1993年の「プレイボーイ」をキャンバス中に収めた。
グラビアから始まり、社会情勢.漫画.スポーツ.風俗.小説.広告.政治..様々な記事を切り取り重ね貼られメディムで閉じ込めている。
ネットが無かった時代に情報を貪るように雑誌から集めた時代を作品を通して感じで頂きたい。小さなキャンバスに当時の空気を凝縮している。
説明は最小限にし実際観て頂きたい作品です。観る角度や光の加減で表情、観え方が変わります。
ROOTS
Portrate(ラリ男の肖像画) ※作品1の『』内の共通した内容を踏まえて

中高時代の友人を描いた人物画である。 彼との接点があった1990年前半に遡り連想されたキーワードを雑誌から拾い羅列することにより、本人描かず思考や雰囲気、内面を表現しようと試みた作品である。 そして、赤メディムのセルを覆いかぶせることにより、生命力と躍動感を脈々と今に繋げている。 「Go to Time Travel」シリーズより 1993・94年にタイムトラベル。 過去の出来事や影響を受けた物、出来事、人物などを通して感じていた事を作品に出来ないだろうかという試みを表現した。
Portrate(ラリ男の肖像画)

alanalan

alan作品の共通するテーマは『愛』である。
様々に変化する愛のカタチは、本来は優しく柔らかいものであるべきものだが、時には厳しく、残酷なものへと暴走してしまうことがある。
『I love you』『I love me』この絶妙なバランスを保ち人生を全うすることを課せられた人の絶妙に右往左往していく感情を絵に表現しようと試みている。
その時々の表現にマッチするように作風も様々に変化させ一つの作品を創りあげている。特に近年は様々なメディウムを積極的に使い従来のPOPな作風とはかけ離れた作品を発表し新しい表現に挑んでいる。多岐に渡る作風だが共通した独特なユーモアさで観る人がalan作品だとわかることも面白いと評価されている大きな要素であり狙いでもある。

  • 1979兵庫県西宮市で生まれる
  • 2016東証一部上場 アズワン株式会社へ常設展示を開始
    個展「Love me」開催
    deagu art fair in KOREA 出展
    affordable art fair in Singapore 出展
    株式会社メイコー化粧品とコラボ商品の開発
  • 2017個展「summer trip」開催
    Unknown Asia 2017出展
    Unknown Asia Extra ダイビル本館の展示
    大阪マラソン2018年のチャリティTシャツのデザイン採用
    銀座ギャラリーデイムにてグループ展
    「アウトサイダーズ」出品
  • 2018銀座ギャルリーラーにてグループ展
    「presence-存在-」出品
    東京幕張メッセ「Automobile Council2018」
    川田画廊より出品
    Unknown Asia 2018出展
  • 2019アートストリーム2019出展
    Unknown Asia 2019出展
  • 2020Unknown Asia オンライン2020出展
  • 2021個展「ニュースタンダード★新たなる旅立ち」開催


URL:https://www.instagram.com/alan_art_alan

ROOM 2521