JP/EN

高原 秀平

Shuhei Takahara

ティコの木漏れ日 #6 16世紀の天文学者 ティコ・ブラーエの名前からタイトルをつけた作品です。夜空の星を見続けたティコには、昼間の風景はどんな風に映っていたのか、という興味からイメージした抽象画です。
石膏をひいたパネルに油彩で描いており、部分的に電動やすりで削り、テクスチャーをつけています。またそれ以外の部分には光沢があります。
ティコの木漏れ日 #6
合成する光#1 公園へ散歩に出掛けたとき、ふと見上げた街路樹の葉の隙間から覗く木漏れ日や、地面に映る日溜まり、風が木を揺らす音、鳥が囀る声。
そういった“心地よい状況”をそのまま封じ込めたような絵が描けないか、模索しています。
石膏をひいたパネルに油彩で描いており、部分的に電動やすりで削り、テクスチャーをつけています。
合成する光#1
漂流する稜線#4 空と山を長時間眺めていると、その境目があやふやで曖昧なものに見えてきます。その曖昧さ加減と、その時確かに見えている山の稜線を併せて描けないかと試行したものです。石膏をひいたパネルに油彩で描いており、部分的に電動やすりで削り、テクスチャーをつけています。 漂流する稜線#4

高原 秀平Shuhei Takahara

公園へ散歩に出掛けたとき、ふと見上げた街路樹の葉の隙間から覗く木漏れ日や、地面に映る日溜まり、風が木を揺らす音、鳥が囀る声。
そういった“心地よい状況”をそのまま封じ込めたような絵が描けないか、模索しています。

パネルに石膏地をひき、油彩を中心に、クレパスや色鉛筆などを併用しています。また電動やすりなどを用いて画面を削る作業も多用しています。

近年は神戸を中心に個展などを開催するほか、オンラインを活用した作品販売や、動画配信などにも注力しています。


2014.03 京都精華大学 芸術学部 造形学科 洋画コース 卒業
2014.02 個展|アートスペース虹(京都)
2014.02 グループ展「ビューティフル・ユニバース展」|明石市立天文科学館(兵庫)
2014.11 グループ展「atelier9 - open studio exhibition」|atelier 9(京都)
2015.10 グループ展「花山天文台Galleryweek」|京都大学大学院理学研究科附属天文台 花山天文台(京都)
2016.11 グループ展「花山天文台Galleryweek-観測のレコード-」|京都大学大学院理学研究科附属天文台 花山天文台(京都)
2015.04 個展「台風の眼」|cafe & gallery etw(京都)
2016.08 個展「望遠鏡と顕微鏡」|cafe & gallery etw(京都)
2017.01 グループ展「SPOT」|ギャラリー島田(神戸)
2017.08 二人展「メエルシュトレエム」|あをば荘・float(東京)
2017.10 個展「雨景山水」 | gallery島田(神戸)
2018.03 二人展「高原秀平/前田正憲 展」|飯田弥生美術館ギャラリー(東京)
2019.02 個展「エーテルと細胞膜」|gallery301(神戸)
2019.03 二人展「高原秀平/前田正憲 展」|飯田弥生美術館ギャラリー(東京)
2019.04 グループ展「ゆらゆらり」|Gallery島田(神戸)
2019.07 グループ展「深海の照らし方」|2kw Gallery(滋賀)
2019.07 MI gallery 主催MIGAA2019 に於いてMI gallery 賞 受賞
2019.07 グループ展「わたしの万有引力」|Gallery島田(神戸)
2019.11 二人展「みちくさの栞」|大垣書店高野店(京都)
2020.02 個展「月暈の隙間」|gallery301(神戸)
2020.09 個展「ラグランジュ点-Lagrange point(s)-」|京都精華大学 本館ギャラリー(京都)
2020.12 MI gallery主催young creators award 2020に於いて優秀賞・ホルベイン賞・オーディエンス賞 受賞
2021.02 絵画作品1 点を企業「丹青社」オフィスへ納品
2021.04 絵画作品2 点を神戸市の施設「anchor 神戸」へ納品
2021.05 個展「日溜まりのモザイク」|gallery301(神戸)

URL:https://www.instagram.com/shuheitakahara/

ROOM 2522